YAMATO criticism

宇宙戦艦ヤマトについて、または宇宙戦艦ヤマトを通して考える。

沖田艦長をめぐる物語について(その1)

 かつて岬兄悟先生が完結編ノベライズで書かれた、沖田艦長復活の経緯『重要人物特別措置』

 小説『アクエリアスアルゴリズム』にも取り入れられた設定で、岡秀樹さんが言及されておられましたが、実は自分もあの設定に触発されて沖田復活の背景を考えたことがあります。

 大筋を考えたのは復活篇の前なので、それ以降の設定は反映されていません。自分のヤマトは『完結編』までで終わっています。古代と雪はあのままヤマトと沖田艦長を見送って、その痛みを抱えながらも、共に支えあって生きていくのだと思っています。

 ヤマト発進以前にまで遡る因縁話になってしまいましたが、供養のため文章化してみました。
 よろしかったらお付き合いください。

続きを読む

「敵」について考える

 いよいよ公開間近になってきました『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』

 ワタクシいつもなら参加するヤマトクルー先行上映の抽選に落ちてしまったので、まだ未見です。ちなみにネタバレまったく気にしない、事前に見られるものは極力見ちゃう派ですが、今回知人の話も聞けず情報は入ってない状態です。

 そこで未見のうちだから書けることを、今のうちにちょっと書いておきたいと思います。ヤマトの「敵」について、常々考えていることです。

続きを読む

勝手に想像する宇宙戦艦ヤマト2205の女神たち

 かつて圧倒的な武力を持ちその力を背景に宇宙を支配したが、そのことを悔いて武力を捨てた星。

 リメイク版のイスカンダルは、そのような歴史を持つ星として語られます。

 これは旧作ヤマトのシャルバート星から来ているのかなあと思います。シャルバート星もかつて強大な武力を有していたものの、超兵器の数々を”王家の谷”に封印し、自衛のための戦力すら捨てることを選択した星です。

 

続きを読む

作品の重さ・軽さについて

 ヤマトをリアルタイムで観ていた頃、なんでヤマトのエンディング(ED)には宇宙の映像しかないんだってのが不満でした。

 他のアニメだと、EDにはキャラの”プライベート”が垣間見えるものがありました。例えば『サイボーグ009』みたいに、たとえ戦闘服のままでも無防備に昼寝しててくれるような、ヤマトクルーのプライベート・本編にない姿が見たかったのです。

続きを読む

決して英雄なんかではなく

YAMATO CREW『アクエリアスアルゴリズム』第1話

https://yamatocrew.jp/crew/info/aalgo01/2/ #yamatocrew

 

 オリジナルシリーズの『宇宙戦艦ヤマト・完結編』から『宇宙戦艦ヤマト復活篇』の間を補完する物語。ついに書籍化です。

 リメイクシリーズも応援しているけれど、やっぱりオリジナルへの想いが断ちがたい私には、本当に嬉しい作品です。

 そして私にとって嬉しかったのは、この作品において、古代進が様々な痛みや家族への想いや戸惑いを抱えた”普通の男”として描かれているそのことでした。

続きを読む

宇宙戦艦ヤマトの女性論

 74年版Part1第12話『絶体絶命!オリオンの願い星・地獄星』に登場する医療班員。一見男性ですが、胸が不自然に膨らんでいます。

 実は当初この隊員は女性でした。松本零士調不美人キャラだったのを「ヤマトにブスは要らない」という西﨑プロデューサーの一言で男性に修正。しかし時間が足りず、胸が膨らんだままになってしまった。

 これは氷川竜介先生の講義で披露されたエピソードです。会場は女性の出席者も含め笑いに包まれました。でも自分は全く笑えませんでした。

 一緒に笑えればどんなにラクだろう、と思いながら。

続きを読む

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』~人の心を知る難しさ

 実は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』最初絵柄で敬遠してました。
 ああまた萌え美少女系かって感じで。
 若い人が昔のアニメを絵柄で敬遠しちゃうってのと、似ているかもしれません。

 でも作品を見たらあっという間に引き込まれて、大泣きしてました

続きを読む